今分かった

  07, 2009 20:31
20090907203119
湊かなえさんの「贖罪」を先日読みました。

前作「少女」は「告白」ほどの衝撃がなかったものの、
こんな優しさもある作家さんなんだな、とちょっと嬉しかったのです。

そして「贖罪」

告白とかなり似た構成。
面白いけれど、売れる本を書かされている感が否めず
ストレスを覚えた作品でした。

でも今日
友達が川で溺れてしまったけれど、
川で遊んでいたことを怒られるのが怖くて大人に言えなかった。
という事件の事を知り、贖罪の内容とリンクしてハッとしたのです。


湊さんは、ちゃんと人を見ている。
いろんな角度からちゃんと見ている人だ。

売れる本を書かなきゃいけないというのは当然で
でもそれだけじゃ、あんな人間の感情を語るなんて出来ない。
私は全然分かっていなかった。
恥ずかしい。

今分かった…
優しさに満ちあふれた作品だった。

みんなの気持ちを分かってあげられる。

それ以上の優しさはない。

亡くなられた子のご冥福をお祈りいたします。
スポンサーサイト

Comment 0

What's new?