今月の目標:靴の中の小石に気付 かないフリはやめよう

  21, 2010 17:50
靴の中になぜか小石が入ってしまったりしますでしょ?
でも、入ってると気付いたその時に靴を脱いで取り出す人は
どれくらいいるのかしら?

少なくとも私は脱がない!
自慢にもなりゃしないことだけど、声高に言うわよ!
その時どころか、家に帰って靴を脱いだ時にだって
小石を踏み踏まぬフリをしてしまうの!
だいたい取り出すのは、次に履くとき。
ただし、その靴に小石が入っていることを覚えていればね。

あぁ、全く、ものぐさ自慢なんて自慢にもならないことを
なぜわざわざ言葉にして人様にさらしているのか。
自分でもよくわからないのだけど、
いやいや、ここに私の駄目な習性が集約されている気がしたわけです。

小石が靴に入っていたって歩けるじゃないですか。
でも歩いている間中、ずっと小さな石の存在を感じずにはいられない。
もし、気付いたその時に取り出していたら?

小石に僅かでも気をとられていた分
もっと道中に在る面白いことを発見できたかもしれない。
もっと早く目的地に着いたかもしれない。

そして、抜本的解決を求めていれば
忘れ去った頃にまた同じ痛みを繰り返さなくて済んだかもしれない!

ね。
私の生き方に通じてしまう気がするわけでごわす。

だからまずは、大根源の、
靴の中の小石を、気付いた時に取り出す事から始めましょう!


と言いつつ
今まさにその状態なんだけど、電車の中だから流石にね。
降りたらで、いいよね。
スポンサーサイト

Comment 0

What's new?