FC2ブログ

怒涛の年末

  29, 2010 09:14

二週間程前に自主映画のオーディションを受けました。
自主ではありますが、監督は商業映画を撮られている方で
とてもいびつで魅惑的な作品を撮られる監督なので
是非ともご一緒したかったのです。

出たい気持ちが高まりすぎると上手くいかない事が多い私ですが‥
程よい緊張感で挑むことが出来、出演させていただけることになりました!

結果が出てから撮影まで3日くらいしかなくて
何故かなかなか台詞が覚えられず焦りに焦りましたが、
クリスマス返上で(元々重んじてないですがっ‥)
なんとか馴染ませることが出来ました。

一日リハーサルをして、次の日に本番。
監督はとても几帳面に動きをつけられる方で
あまりこういった演出は受けたことがなく面白かったです。

スタッフの皆さんもとっても真摯に取り組んでらして
無駄口は叩かないし、ギスギスもしていないし、
なかなかない、程よい緊張感が常にある現場で、最高の環境でした。

きっと素敵な作品になると思います!

皆さんに観てもらう事は難しそうですが、
いつか機会が出来たらいいなぁ。


そして撮影の翌日、
助監督をしていた方からお礼のメールなんぞをいただいて
それが本当に嬉しい内容で、ここに載せて自慢したいくらいですが
大切に胸に携帯にしまっておきます。

やっぱり芝居をやらなくては、と強く思った出来事でした。


今はこういう流れなんだと、妙に納得する日々です。
撮影の次の日には、大好きな皆と忘年会。
本当に忘れたい事がいっぱいだけど、皆の事は忘れないよー。

私はとても幸せだなあと、私も皆に幸せを返していきたい。

なんだか頭がまとまらくてw散文失礼。
スポンサーサイト



Comment 0

What's new?