きみはポラリス

  15, 2012 03:23


三浦しをん著 きみはポラリス を、本屋さんでなんとなく手にとり
読みました。

短編集ですが、よくもこの短く限られた文字数で
読む者の心を掴み揺さぶるな!という
作品の数々。
どれもこれも、自分を重ねられるような部分や、
あー、こんなだったらいいのにな、という、
一見平凡だけど、実はそれこそが幸せの極み!が描かれていて
本当に大切にしたい一冊になりました。

小説を読む事で、自分を省みる事が出来る、
そして、新しい世界を知る事が出来る。
素晴らしいことですね。

もっと本を沢山読もうっ!


スポンサーサイト

Comment 0

What's new?